banner

banner banner banner

何かを犠牲にした結婚というのはあり得ない

banner 女性が仕事に生きがいを感じ、結婚後も仕事を続けていくのは今では珍しいことではなくなりました。
しかし、結婚を機に仕事を辞めて家庭に入る場合でも、専業主婦として完全に家庭に入ってしまうのか、一時的に家庭に入るのかによって考え方は随分違ってきます。
退職届を出すときに有能なのに残念といわれると、もったいない気がして心が落ち着かなくなるかもしれませんが、その言葉を糧に仕事で力を発揮したように家事や育児に燃えてみると考えるとラクです。
また、仕事に戻るときのためにサビつかないように頑張っておけば、自分の可能性を広げる楽しさを感じることができます。
女性は結婚して家庭に入る人でもいつでも仕事感覚を取り戻せるように行動している人と、復帰なんて無理だとあきらめてしまっている人では年のとり方も違ってきます。
これからの女性は結婚によって自分の可能性が広がりこそすれ、狭められるなどということはないと考えておくことが大事です。

真剣にお付き合いをしたいなら大歓迎
私たちはそのような方々を求めています

東京では可愛い女性はパパ活をしています

結婚一覧

banner 彼から結婚しようといわれ、プロポーズを受けた瞬間から二人は結婚に向けたスタートラインに立ちます。ふたりで結婚を決めていても両親に報告するときには

banner 結婚式のスタイルを決める主導権は新郎新婦にあります。
だからと言って、両親に何の相談もせずスタ

結婚式のスタイルを決める主導権は新郎新婦にあるが

banner 結婚生活は長く、30歳からスタートしたとしても50年以上あります。
長い結婚生活を乗り切るには

結婚生活を賢く乗り切るコツがある

Copyright(c) 2011 結婚 All Rights Reserved.